FC2ブログ
2013/11/26 (Tue)
◆ 今回も平日大工
昨日から悩んだ末に午前中はBDの予約など行っていたので、午後からイス作りのほうを始めました。
布は数日前に買った物を使用してます!

で、完成品はこちら!

完成品です

比較としてエリーゼさんに座ってもらっています♪
広いわね?と思っているのかもしれません。

が、

4人で

普段は此処で4人に座ってもらいます。
で、今まで使っていたイスは大きいのが今度お迎えするGr少年に座ってもらって、小さいほうは悩み中。
棄てるのは勿体ないのでどうしようかな~。

そういえば前回作ったのは初臣のお迎え前でしたね。その時の記事はこちらです。

形は同じ物で作りかたも同じなのですが今回は詳細に記録をしてみましたので追記からどうぞ!
ちなみに、ものすごい長いです。



色々な記事に拍手をありがとうございました~!
いつも嬉しいです。


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

長~い長~い、イスの作りかた



材料一覧
材料
・布(今回はアンティーク調の物です)
・木枠(今回も『salut!』さんで購入した1000円の組み立て式のもの)
・綿
・キルト芯の中身(裏芯有りが売り切れだったので無いものにしました)

道具
・ノコギリ(重要)
・針と糸
・テグス(太さは何でも良いと思います)
・木工用ボンド

道具は全て家にあったものを使っていますので、今回は総額3000円以下で出来ました!
こう自作してしまうと某さんで売っているイスを買う事が出来ません。
お値段相応に可愛いしカッコいいと思いますが高いっすよ。



此処から製作です

枠を
まずはイスの基礎となる木枠を作ります。
ちなみに此れは1050円税込。この茶色のものと白いものがありますが、我が家では二脚とも茶色で作りました。

本来の完成図
本来はこのような棚として使えるものです。
この棚は使い勝手が良くて、洋服収納棚としても2つ持ってます。(笑)

付属と家にあったもの
組み立てには付属されている六角ネジを使用します。
予備は入っていないようなのですが…前のはあったんですよね。あれ?

あ、六角ドライバーは写真の中の銀色の物が付属されていますが短くて使いにくいのと
場所によっては固くて力が必要な場所もあるので家にあった黒い方の六角ドライバーを使っています。

下段組立
下段の部分をネジで留めて座面部分を作りました。
そう言えば一番最初に棚として買った時の組み立て中、この状態を見た時にイスにできるんじゃ?と思ったのです。
それが現実となって今は二脚目。でも此れ以上は増やしたくないなぁ。それこそ住人が増えるって事だから恐ろしいよ。

上段
こちらは組み立てていない上段部分です。
此れを使って背もたれ部分と肘掛部分を作ります。

ノコギリ登場
ノコギリは此処で使います。
背もたれ部分は切るだけで良いのですが、肘掛部分はサイズを測ってから目印を付けてから切ります。

前回、土台はブロックを使っていたのですが今はプランター置きに使っているのでプランターを代用しました。
プラスチックは柔らかいのでプランターの端の固い部分を使っています。

切りだし
まずは背もたれ部分。
一直線なので此方は切りやすいです。

切りだし2
肘掛部分も目印にそって切りだし、このような形になりました。
余った部分は使わないのがもったいないですが、此れが後々役に立つのです。

裏表注意
ちなみに此れには裏表があります。
写真のは裏になるのですが間違えると不安定になるので注意しないといけないのです。

肘掛部分
肘掛部分は左右の開いている部分に嵌めこんで木工用ボンドで接着します。
ただ、此処で計測間違えが発覚し少し短かったので端材を使って付け足しをしました。役に立つ端材。

簡易ベンチ
背もたれ部分は六角ネジで固定して、下の部分は動かないようにする目的でテグスで結んで固定。
この時点で簡易ベンチの完成ですがやっぱり痛そうなのでクッション部分を作ります。

あの布が
背景布として使っていたの布を裁断し、座面部分と背もたれ部分。
そして気が向いた時に縫おうと思っているクッションに使う布の三つに分けました。

え~…ぐちゃぐちゃですいません。

広げて
これはキルト芯ですが綿をくるむのに使います。
今回は座面に約200グラム、背もたれに約150グラムの綿を使っています。
量はだいたいなので好みで詰めれば良いと思うのですが、私はフカフカが好きなのでけっこう詰めました。

抱き枕か
このまま抱き枕にしても良いんじゃないか?と思うくらいのフカフカモフモフ状態です。
此れを仮イスに乗せて大きさを決め一度、針と糸で縫います。

DSCN0275.jpg
上の綿の塊に布を載せて、そのまま針と糸でイスに固定します。
見えないからという理由で此処は雑さが目立ちますね。コツとしては糸を引っ張りながら縫う事。
そうすると布にしっかりした張りが出ます。
ただ、あまりやりすぎるとフカフカ感が無くなるので此処は好みです。

完成です
座面、背もたれ共に縫って此れで完成です!
ちなみにこの綿にスポンジを詰めるとクッション部分に角が出来ると思います。



前よりもかなり長い説明でしたが、此処までお付き合いくださいましてありがとうございました!
皆さんもイスを作れば良いと思いますよ!!


スポンサーサイト



スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
11/26 21:16 | ・ドール関連その他 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://imagi10nary.blog.fc2.com/tb.php/946-fea7a8f6
◆ トラックバック ◆
default template design by takamu
Copyright © 2006 時久 All Rights Reserved