FC2ブログ
2011/10/29 (Sat)
◆ ソング
突然のお出かけで、さっき帰ってまいりました。

普段は金曜日なのに・・・今回は土曜日なので少し感覚が狂ってます。



それでも記事は更新します。

できるだけ一日一回は更新したいというのが意地であります。







出かけることでタンスは明日、買いに行きます。

其れの所為で部屋が酷い事になっている。床が見えない・・・(笑)



そして気づいたことが一つ。

もしも明日、買えたとして・・・在庫があればすぐに持って帰れるけど無かったらどうする?

そうなったら暫くは足の踏み場も無い部屋で寝起きする事になります。

だから良いのがあって在庫があるのが在れば良いなぁ・・・。



本当、現在はお目当ての洋服が行方不明状態。困る。


今日も変わらずのシュテルンを一枚。







本当、自然光の中で撮るとシュテルンのアイが綺麗。

最初からシュテルンのアイは『緑色』と決まっていたので、緑色のアイを買う予定でした。



そして来たシュテルンはデフォが『グリーングレイ』。(オクからなので)

サイトでも見た色だったけれど・・・実際に見るとそれはそれは好みの色で買う必要も無くなりました。

本当は完全な『緑色』って思っていたけれど、今は此れで十分です。







前にイメージカラーって言うのを書いたと思うので、今回はイメージソングについて語ります。

ちょっと昔に考えたものなので今では違うかもしれませんが・・・。

読んでも良いよ、って人は下へどうぞ。







イメージソングというか、全員が歌詞の無いゲームのBGMとかだったりします。

歌詞があるとイメージが固定される気がして選べなかったので・・・。



◆ロウェル → Relaxing Place

かなりマイナーなんですが『トラスティベル‐ショパンの夢‐』の中で使われている

町だったか村だったかのBGM。

聞いてるとかなり和むのでゲームをプレイ中は此の辺りをウロウロしていました。

名前の通り『安息の場』を与えてくれる子と言うことでロウェルにピッタリ。

 

◆エリーゼさん → Sorriso ‐Venitero a vedere 'l mi' piccino‐

志方あきこさんのオルゴールCD『ウィスタリア』にある曲。

綺麗であり、哀しげな曲ですが雰囲気がエリーゼさんの裏側を表現しているような感じなので。

ちなみに『sorriso』は翻訳ソフトを使うとイタリア語で『微笑み』と言う言葉が出てきました。

副題のほうは調べたんですがよく分からなかった。



◆シュテルン → Breeze the conductor と 雪と氷の境界

彼女だけ2曲あります。これも『トラスティベル-ショパンの夢-』の中で使われているBGM。

前記はフィールド中の平原の曲。後記は雪山にある町の曲。



まず前記について。

Breeze the conductorは、翻訳ソフトを使ったら『そよ風(微風)の指揮者』となりました。

そよ風と言う割にはスカッと爽快感がある曲です。(私の感想で)

一番小さい子なので元気一杯に草原を駆け回っている感じがあります。

けれど実際はゲームの中の草原フィールドなので敵がいっぱい居ますけどね・・・。(笑)



そして後記。

此の曲は雪に包まれた町のBGMと言うだけあって静かだけど温かみがあるような気がします。

そよ風の方とは違って落ち着きのある雰囲気なんですが

何故か、一人でポツンとしているシュテルンを見てると似合う曲なんです。

寂しい感じもしないから不思議。



こんなイメージソング(?)ですが、機会がありましたら聞いてみてください。



そして思い出した。

トラスティベル・・・未だに全クリしてない。けれど、ヤル気が無い。(あ~ぁ・・・)
スポンサーサイト



10/29 23:20 | ・更新停止した子たち | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://imagi10nary.blog.fc2.com/tb.php/177-58c04fd4
◆ トラックバック ◆
default template design by takamu
Copyright © 2006 時久 All Rights Reserved