FC2ブログ
2017/05/20 (Sat)
◆ 英国紳士
お久しぶりになってしまいましたが、別の更新をしているとこっちがおろそかになります。
きっと新人が来たらこっちでの更新が大変な事になると思います。
プロフやらまとめやらの更新、けっこう重労働なのですが楽しいんですよね~!!
そんなフルチョ待ちは明日で70日目を迎えますぞ。最長記録更新の予感です。
明日連絡来たとして…行けるかな~?でも希望は持っておきます。



お迎えする71番ことイセの兄・ヒュウガは17少年ですが、しばらく御笠とボディ共用の為に御笠をお着替え。
これでパパッと撮影が出来る体制です。専用ボディはもうしばらく待ってくれ。

DSCF8075.jpg

一時期、リッジにも着ていたスーツ。ほんとシルエット素晴らしいです。
個人的にダブルボタンスーツが一番好きなので外出先で見かけるとガン見してしまいます。
着ているのが素晴らしいオジサマだと更に悶えます。
御笠も似合いすぎるので私のテンションが勝手に上がりまして手ブレが酷い事に…。

6月頭には撮影会が控えているのですが御笠は連れて行かないので大丈夫かしら?

スポンサーサイト



スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
05/20 22:07 |   Gr少年→17少年・49番 | CM:0
2017/04/17 (Mon)
◆ おふねイベント(仮面舞踏会2017) その1
昨日は無事にクルーズと言う名のおふねイベントを終えて若干の燃え尽き症候群になってます。
これで暫くはドール関連イベントは無いですが、気づいたらドルパになっていそうです。
エクスパスも発送されたようなので、あとは何事もなく行けば良いかな?
あと、アイドールとドルショは参加未定です。アイドール、お休みなので行けるのですが悩み中。



さてさてメインはもちろんおふね話です!
乗ったおふねはこちら~

DSCF6942.jpg

船尾からですがテンションMAXで撮ってました。これを撮ったのは下船後なので真っ暗です。
おふねを撮るのは艦船以外で珍しい…(笑)
ほんと豪華なクルーズ船と言う感じで船内も素敵でした。撮影してないのが心残り。

で、この後は長くなりますので追記へ。
本日は御笠メインでして明日はよその子と一緒がメインの更新です。

スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
04/17 21:51 |   Gr少年→17少年・49番 | CM:2
2017/04/09 (Sun)
◆ 今日は彼の日
クルーズまで残り一週間。緊張というかワクワクが止まらないです。
準備と言えば残りは私自身の服装くらいですかね?あと仮面、マスケラがどうのこうのあるようようなので
簡易的に作る方向だったのですが、土台となる某さんのマスケラ(書類と一緒に入っていたもの)が
オカメインコの襲撃にあい、既にボロボロです。(笑)
なんとか使えるので切り取ってさっさと作れって事なんですね。次の休みはそれこそ洋服を買うつもりなので
ギリギリまで頑張るしかないかな~。ちなみに前日も仕事なのでゆっくりできないのが残念。
そのかわり、クルーズ翌日は休みにしました。うん、寝る。



さてさて、昨日に引き続き本日は4月9日と言う事で御笠の日!!
我が家で一番特別な立ち位置にいる彼の日ですが、とにかく好きすぎて撮影もニヤニヤが止まらなくなるのです。

DSCF6631.jpg

あ~!!もう!!カッコいい!!ほんとに好き!!………ゲフンゲフン…。
御笠の事となるとテンションが上がります。とにかくMAX近くまで上がるので自分でも注意してます…。
撮影中は勿論一人なのでニヤニヤしながら撮っているので自分でも気持ち悪いと。でも仕方がないじゃない!!

でもって、クルーズは御笠です。もう変更の余地も無い。
完全にこの服装で行きますが、やっぱり不安も大きい訳です。いかにも、って服装ですからね。
胸元のピンとか分かる人には一発で分かるものですし、おそらく乗船するまでは隠し隠しで行くと…。
おそらく帽子も基本的にカバンの中にひそませていると思います。
ところでおふね自体は海賊船って事で良いのかな?むしろこのままの御笠だと取り締まる側ですよね?(笑)

DSCF6641.jpg

横顔が、ほんとに、好き!!!←
御笠の横顔はあまり撮らないのですが、この時は決まってくれました。帽子効果?
なんとも言えない視線が堪らないです…ウフフフフ…。

あ、服装について行っておきますが設定としましては…

御笠  「人前に出るし良い服装して行こうと思ってたけど俺、そんな服持ってないじゃん!」
ジョージ「体格差ないのでリッジの借りれば良いのデ~ス!」
リッジ 「昔、私が着ていた服で宜しければありますよ?」
御笠  「貸してください!!」
吉野  「さすがに此れだとどっちか分からなくなるな。ピンでも付けてけ。」
イセ  「じゃあ、これも貸してあげる~」
御笠  「おぉう…」

っという会話が繰り広げられてたらいいな~なんて思います。
我が家のおふねたちは基本的に ほんわか、のほほん、ゆるゆる、まったり です。

スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
04/09 21:31 |   Gr少年→17少年・49番 | CM:0
2017/03/28 (Tue)
◆ ちゃくちゃくと
少しずつクルーズの情報と言うか、公式で色々と流れ始めているっぽいので御笠の準備も本格的になってきました。
服自体は昨年のドリズムで クルーズではぜひ着て欲しい だったような言葉から購入し
広島行ったら 本場のお店の帽子が売ってるよ! との言葉からミニチュアの帽子を購入し
その前にイージスのピンバッチが ちょうど良い大きさだから と買ってみたり
やっぱり豪華にしたいなら 公式の式典で良く見る大綬欲しい! っとなって作ったり

そう言う私は何にもしてなくて焦ってますがね。←

DSCF6252.jpg

そして現在の御笠はこんな感じです。
結局、服装自体はリッジのお古の借り物という事にしました。
御笠はあくまでも日本側なので、この形の服装が公式に無いのです。
そこらへんの 服が無いよ!どうするよ?!仕方ないからリッジに借りるよ!! っというのを
クルーズ近くなったら御笠とリッジと吉野さん辺りで小話程度をやりたいと思ってますが…予定は未定。

で、此処から更に加えます。と言っても大がかりな物ではないのですぐに終わる。胸元のピンバッチが増えます。
ここで少し心配事が…それは この服装で某公式大丈夫かしら? っというものです。
まぁ…人間はともかくドールの服装なので大丈夫でしょう。その前に、海賊っぽくない船長ですが浮かないかな?
おそらく当日は女の子ドールが多いと思うのでエスコートでもさせてくださいませ。←切実

スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
03/28 22:13 |   Gr少年→17少年・49番 | CM:0
2017/03/22 (Wed)
◆ 準備中
個人的三連休が今日で終わり!明日から通常運転の日々に戻ります。
と言う訳で、嫌だぁぁぁぁああぁあぁぁああああぁぁぁあああ~っと叫んでおきます。
でも日曜日はお楽しみが待っているので、体調万全にしたいな~。これは天気次第かもしれませんが。

で、今日はヤル気がでたので午後からミシンを引っ張り出して来てリボンを縫い合わせ、更に手縫いでチクチクと
作業をしておりました。目的は前々から言っていた 大綬 を作る事。

さて、この 大綬(だいじゅ) って何ぞや?と思う方の為に解説をしますと
肩から斜めに掛けるようにした幅の広い飾り帯 との事です。よく式典とか見ていると着用しているのを見られます。
種類もあるらしいのですが、今回はどの勲章かこだわらず単純に色で決めました。

さっそく完成品を御笠に付けてもらいましたよ~。

DSCF6257.jpg

肩から斜めに掛かっているリボンがそれです。
あえてロゼット風にしています。本来はリボンを作って端を広げ円にするという形らしいのですが、ロゼット方式のほうが
簡単だったのでこちらにしました。特に縫い合わせるのが大変そうだったので。(汗)

でもって…ミシン縫いに関しては完全に初心者なもので、ただ縫っただけをしたらかなり波打ってます。
もっとピシッと縫いたかったですが、さすがにクルーズ以外で使う道が見つからないので此れで完成としました。
まぁ、雰囲気だけでも出てればOKと言う事で。(^^;)

DSCF6255.jpg

中心は釦で代用してますが、ロゼットにするにあたり中心に何かないと縫い目が見えるので付けているだけで
本来の大綬には無かったりします。あと下の勲章部分は舵のチャームを取りつけしてみました。
あ、本物はこんなにキラキラしてませんので。
もっとシンプルで気品があるんですよ。ぜひ検索してみる事をお勧めします。
ちなみに、これのモデルは 瑞宝章 というものです。水色(薄青)に黄色の帯という色味だけ参考にしてます。

DSCF6267.jpg

御笠が使うにはどうなんだろう?って感じですが、彼の場合は瑞宝章より旭日章のほうが合う気がします。
元ネタを見る限りも色合い的にはこちらなんですよね~。(白地に赤帯な色合い)
そもそも服装からしてそんな感じなので、公式衣装一式が欲しいところです。

三笠としては、やっぱり我が家のおふねで誰よりも高貴な身分なんだと思うところ。

スレッドテーマ [ 趣味・実用 … スーパードルフィー ]
03/22 21:53 |   Gr少年→17少年・49番 | CM:0
default template design by takamu
Copyright © 2006 時久 All Rights Reserved